桐のリメイク

桐箪笥は歴史あふれる家具です。家族代々受け継がれる家具なので、製造されて何年も立っていることがあります。
受け継がれる家具であっても、時間の流れによって桐箪笥の色落ちや変色が目立ってしまいます。また、引き出しの取っ手が外れてしまったり、引き出し自体が壊れてしまうことも考えられます。
そのような自体を避けるため、もしくは壊れてしまった場合は修理が必要です。壊れた状態のまま使用し続けると、状態を悪化させる可能性も高まります。
修理には專門の業者に依頼するのが一番です。桐箪笥の修理に関する知識や道具を持っているため、安心して任せられます。
壊れてしまう前の形に戻してもらうほかに、要望を伝えると雰囲気を残したまま頑丈な作りに変えてくれます。
担当者に要望を細かく伝えておくと、オリジナルの桐箪笥として新しく生まれ変わります。

桐本来のツヤや木輪が好まれる桐箪笥は、色が霞んできたり金具が錆びてしまったときに修理に出します。
修理業者に依頼すると、希望通りに桐箪笥をリメイクしてくれます。
例えば、木目が美しい時代仕上げにしてもらえます。カラーも白や灰色、茶や焦げ茶など様々なので、部屋の雰囲気に合わせて選択できます。
チェスト風の桐箪笥は、海外のセンスを取り入れながら日本独特の技術が生かされています。見た目と使い勝手の良さから桐箪笥を修理に出すときに、チェスト風に依頼を出す人も存在します。